年回忌法要について
先祖のつながりにより、命の大切さを知る 先祖のつながりにより、命の大切さを知る

年回忌法要は、一般的に法事と呼ばれているものです。亡くなった翌年が一周忌、その翌年の二年後が三回忌です。三回忌からは、亡くなった年も含めて数え、七回忌、十三回忌、十七回忌、二十三回忌、二十七回忌、三十三回忌、五十回忌、百回忌と追善供養の法要を営みます。

一周忌と三回忌は、四十九日法要に次いて大切な法要です。親族を招いて大規模な法要を営みます。七回忌以降は、同じ年に法要が重なった場合まとめて行ってもよいとされ、法要を行う日は、後に亡くなった故人の命日にあわせます。

※「案内状」を送る場合には、誰と誰の法要かを必ず明記しましょう。一般的に三回忌までは、家族や親族のほか、故人と縁の深かった方々ををきますが、七回忌以降は次第に招く人を少数に絞っていく場合が多いです。年回忌法要の回数は、地域の習慣や菩提寺によって異なりますが、一般的には、三十三回忌か五十回忌をもって「弔い上げ」とするところが多いです。

平成二十八年度 年回忌早見表
年回忌法要で、お伝えしたいこと

年回忌法要は、お寺さんをお招きして故人がいいところへ行けるように拝んでもらうだけでなく、仏様の前で手を合わせ「南無阿弥陀仏」とお唱えし、お亡くなりになって何年たち、今、私はどのように生きてきたかを考えるためでもあります。

この先自分はどのように生きていくかを考えさせていただく場でもあります。だから、先祖、故人にたいして感謝の念を忘れないためにもとても大切な法事であります。

山口県下関市の天台寺門宗関山圓陵寺(えんりょうじ)

金色不動明王像/圓陵寺

【所在地】〒751-0816 山口県下関市椋野町1-26-46

【TEL・FAX】083-222-8207

Copyright 天台寺門宗関山圓陵寺 Co.Ltd All rights reserved.

年回忌法要について
先祖のつながりにより、命の大切さを知る 先祖のつながりにより、命の大切さを知る
平成二十八年度 年回忌早見表
年回忌法要で、お伝えしたいこと
年回忌法要について
先祖のつながりにより、命の大切さを知る 先祖のつながりにより、命の大切さを知る
年回忌法要で、お伝えしたいこと
平成二十八年度 年回忌早見表